エンパブリック7周年記念プログラム! 〜場づくり・仕事づくりを一歩先へ

0

2008年5月2日、場づくりや社会起業を広げたいという思いから、エンパブリックは設立されました。
それから7年、場づくりや仕事づくりは、今、どのような位置にあるのか? 次の一手は何か?
みなさんと共に考えるプログラムを、7周年記念として特別価格で開催します。

7thani_j_t

1. “場づくりを仕事にする”の現在を語ろう~ファシリテーター3人のトーク・セッション
嘉村賢州×小笠原祐司×広石拓司 : 4/28(火)19:00

エンパブリックと同じ2008年に、京都で地域や企業のための場づくりのNPO団体を立ち上げ、仕事にしてきた嘉村賢州さん(homes-vi 代表)、立川・山梨を拠点に昨年、起業し、この1年で150本の地域・企業向けのワークショップを行ってきた小笠原祐司さん(bond place 代表)と、エンパブリック広石のトークセッションです。
ファシリテーターやワークショップは何がおもしろく、難しいのか?どのような工夫をしているのか? また、場づくりを仕事にするには、どのような技術や姿勢が必要となるのか? 実際、お金になるのか? 3人の経験を踏まえたトーク&参加者のみなさんでの対話です。

参加費 3,000円 (税込) ※ばづくーるラボ・メンバー無料 会場:根津スタジオ
※7周年記念「情報紙「地産知縁 第2号(1,080円)」プレゼント
http://nez-studio.jp/?p=6870

参加する
------

2.コミュニティをつくる社会起業はどう始まり、どう地域に影響を与えるか?
~英国ブロムリ・バイ・ボウから学ぶ報告会1 : 5/1(金)19:00

イギリスの社会起業の代表例として世界的に有名な「ブロムリ・バイ・ボウセンター」。 地域のヘルスセンターを、困難な地域で住民たちが主体的に参加して設立し、運営する事例としてモデルとなっています。 3月にエンパブリック広石が現場訪問し、2日間にわたって創業者、現在の経営者、スタッフたちに取材した内容をもとに、どのように生まれ、どう成長し、コミュニティに影響を与えていったのか?その経験は、日本の社会起業やコミュニティづくりに、どう役立つのか、紹介します。

参加費 3,000円 (税込) ※ばづくーるラボ・メンバー無料、会場:根津スタジオ
※7周年記念「情報紙「地産知縁 第2号(1,080円)」プレゼント

3.地域センターの発想をロンドン・オリンピック後のイースト・エンド開発につなげる
~英国ブロムリ・バイ・ボウから学ぶ報告会2 : 5/12(火) 19:00

ブロムリ・バイ・ボウセンターの考え方は、周囲のロンドン・イーストエンド地区の地域づくりに影響を与え、さらに2012年、ロンドン・オリンピックを契機とした地域再開発にも大きな影響を与えています。 人を中心に社会資源を結びつける、地域を動かすエンジンとして起業家を育てるという考え方は、ロンドンで、どのように取り組まれてきたのか? そして、これから東京オリンピックを迎える日本に、どうヒントになるのか、紹介し、参加者のみなさんと、これからの日本の地域づくりについて考えます。

 参加費 4,000円 (税込) ※ばづくーるラボ・メンバー無料、会場:根津スタジオ
※7周年記念「情報紙「地産知縁 第2号(1,080円)」プレゼント

参加する
------

4.the documentary of empublic 7yrs
~7年の失敗と経験から、場づくりを仕事にする方法を考える3日間 : 5/8(金)〜10(日)

 エンパブリックの7年間には、たくさんの失敗がありました。傷つけ、傷ついたこともたくさんありました。その経験の中から、何が必要なのか、どうすれば人の主体性を促すことができるのか、場づくりをお客さまに対して、また内部スタッフに対してしていかないといけないのか、学んできました。 エンパブリックの最大の強みは、失敗の数の多さとそこから考え、理論も照らし合わせながら、生み出してきたノウハウにあります。
エンパブリックのストーリーを基に、場づくりを仕事にするには? 社会起業の初期の難しさは? 小さい会社を運営するには?など、そこから考えるべきテーマのディスカッション、エンパブリックの開発したプログラムの体験と解説から、この7年間を、次の起業家、場づくりをする人のヒントにしていただきたいと考えています。

5/8(金) 13:00~5/10(日)16:00 会場:根津スタジオ
・5/8 午後:創業期~基本プログラムの開発、 夜:雑談から始まるファシリと場づくり
・5/9 午前:谷根千まちあるき、 午後 : 場づくりと学習支援のノウハウ
・5/10 午前:縁パブ 午後: エンパブリック未来会議

参加費(3日間セット) :28,000円(教材費込み) ※個別プログラムへの参加はご相談ください
※7周年記念「情報紙「地産知縁 第2号(1,080円)」プレゼント

参加する
------

※上記プログラムのお申し込みはこちらから!
参加する

Share.

Comments are closed.