あなたが持っている経験の活かし方~empublicメールマガジン「根津の街から」

0

誰かのちょっとしたアドバイスに救われた経験がありませんか?
自分の学びを持ち寄ることでよりよい社会が実現されていく。
エンパブリックではそんなプロセスを作るお手伝いをしたいと思います。

[INDEX] ――――――――――――――――――――――――――――――

1.【講座紹介】クリエイティブ事務局・実践プログラムの詳細情報
        ~100日間で組織の効率化と価値づくりの基盤をつくろう

2.【講座紹介】ワークショップ・デザイン(前・後編)
        ~参加型の学びの場づくりで、現場の課題に還元しよう!

3.【コラム】神楽坂まちあるき
       ~対話の時間が生む新たな繋がり(松井)

4.【根津スタジオ】自分の問いに応えてくれる仲間を探しに!
          ~対話の場で想いを実現する方法を考える

5.編集後記(諏訪)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.クリエイティブ事務局・実践プログラムの詳細情報
  ~100日間で組織の効率化と価値づくりの基盤をつくろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ103号(11/21)でご紹介した通り、エンパブリックでは、組織やプロジェクトの運営を、より効率的に・より創造的に・よりワクワクしながら進める人が増えることを目指して「クリエイティブ事務局・実践プログラム」を開始します。

エンパブリックは、社会起業や地域活動のサポートをしてきた中で、少ない人数でいかにインパクトのある成果を生み出せるか、数百の団体と試行錯誤してきました。エンパブリック自身も、6~7名のスタッフで年間250本以上のワークショップを実施するために、どう効率化しながら質の高い仕事に取り組むか、四苦八苦しながらやってきました。

それらの実践を通して、ビジネスでも非営利組織でも、プロジェクトでも、内外の関係者が持つ、知恵と力を持ち寄り、一人ではできない成果を生み出していく、持ち寄りとお互い様を大切にした運営(Collective Style)のノウハウを体系化してきました。そして、創造的(クリエイティブ)な運営や活動を実行していくエンジンとして「クリエイティブ事務局」が必要だと学んできました。

通常の業務を少人数で対応しており、キャパオーバーだけどもっとインパクトを出したい方、周りの力を得ながらワクワクして業務を進めたい方にとっては、たくさんのヒントが詰まっています。関与者それぞれの知恵と力を活かして、クリエイティブな活動を実践したい方、ぜひクリエイティブ事務局を共に実現していきましょう!

【プログラム】
1.必要性を考え、実践ノウハウを学ぶ10日間講座
 1)個人技になっている事務局・プロマネスキルを
    見える化(ワークシート化)し、組織的に共有する方法
 2)対話を通じて多くの関与者から協力を仰ぎ、
   より創造的能動的なアクションを実現する方法
 3)メンバーそれぞれの特長を生かした組織設計とコミットメントの引き出し方
 4)参加者自身が、自組織の事務局機能で抱える課題を改革する施策の取りまとめ
2.自組織でクリエイティブ事務局を実現する100日間プログラム
 自組織での実行を、エンブリックと講座受講生のコミュニティメンバーで
 100日かけて支援します

【コース・日時】
◆講座一括受講コース
<1月コース>
 10日間講座:2015年1月22日(木)~1月31日(土)
 100日間サポート: Day1 ミーティング 2015年1月31日 ~ 4月10日
<2月コース>
 10日間講座:2015年2月26日(木)~3月7日(土)
 100日間サポート: Day1 ミーティング 2015年3月8日 ~ 6月15日

◆講座分割受講コース
 10日間講座を、導入・A群・B群・C群に分割して受講します。
 100日間サポートは、Day1ミーティングから100日間の支援となります。
・導入プログラム:1月22日(木)、25日(日)、2月5日(木)、8日(日)
・A群:1月25日(金)~25日(日)、2月27日(金)~3月1日(日)
・B群:1月26日(月)~28日(水)、2月6日(金)~8日(日)、
    3月2日(月)~4日(水)
・C群:1月29日(木)~31日(土)、2月20日(金)~22日(日)、
    3月5日(木)~3月7日(土)
・100日間サポートDay1ミーティング:講座受講状況に応じて適宜設定

【参加費】
◇一括支払いパック(導入・A群・B群・C群・100日間実践のフルセット)
  :20万円(税込)
◇講座パック(導入・A群・B群・C群の10日間講座のみ)
  :18万円(税込)
◇体験版プログラム(導入プログラムのみ)
  :3万円(税込)
◇群別講座受講(導入プログラム+A群 or B群 or C群)
  :8万円(税込)
※一括受講コース、分割受講コースのどちらでも料金は変わりません。
※体験版プログラム受講後に、本講座の申込みをいただいた場合は差額のお支払となります

【場所】 根津スタジオ(東京メトロ根津駅徒歩2分)
【詳細・お申し込み】 http://nez-studio.jp/?p=6249

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.【講座紹介】ワークショップ・デザイン(前・後編)
        ~参加型の学びの場で、現場の課題に還元しよう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“今年3月に東京工業大学で開催された教育改革国際シンポジウムで、マサチューセッツ工科大学(MIT)のエリック・グリムソン副総長(学術振興担当)は、挨拶で開口一番、「このような講堂はもう要らない」と話した。知識の伝達は事前にビデオで行えばいい。そして、小さなラボをたくさんつくり、そこで学生数人での議論をするのだ。これがこれからの教育だと彼は語った。”
(ダイヤモンド・オンライン『センター試験廃止!どうなる新共通テスト(下)』より)

これまで、教育は教師から生徒に教えるものだと考えられてきました。そのため、議論をするために必要な「場」をつくる力は、あまり重視されてきませんでした。しかし、職場や地域の課題の背景には、この場づくりへの姿勢があるとエンパブリックは考え、場づくりスクールを開催しています。講座でお伝えしている参加型の学びの場のつくり方は、これから様々な現場で求められてくる基礎スキルとなります。何が大切か、体験を通して学んでみませんか?

場づくりスクールの講座については、Facebookページも開設し、場づくりに役立つトピックも配信しています。ぜひご覧ください!

◇各講座のFacebookページはこちらから
「ワークショップ・デザイン ~参加型の学びの場の創り方(前・後編)」
⇒ http://www.facebook.com/workshop.design.empub
「雑談から始まるファシリテーション」
⇒ https://www.facebook.com/Facili.basic

◇ワークショップ・デザイン(前後編セット)
【日時】2014年12月19日(金)12:30-17:30
【詳細・申込み】http://nez-studio.jp/?p=3942

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.【コラム】神楽坂まちあるき
       ~対話の時間が生む新たな繋がり(松井)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新宿区社会福祉協議会による講座の一環で、エンパブリックもご支援させていただいている地域コーディネーターの方々が企画した「神楽坂まちあるき」に参加してきました。

神楽坂といえば、石畳の路地に象徴される東京有数のまちあるきスポットです。普通、まちあるきというとガイドの方のお話を聞いておしまいという流れが多いのではないでしょうか。しかし、地域コーディネーターの皆さんが今回企画したプログラムには、まちあるきの後に30分ほどティータイムという参加者同士の対話の時間が取り入れられていました。

このティータイムでは、寒い外を歩いて暖かいところに戻ってきた参加者の皆さんが、リラックスした雰囲気の中、「自分がなぜまちあるきに参加したのか」などについて思い思いに話し合いました。参加者の中には、近くの図書館の職員の方や、隣町の警察署に勤務されていた方、この地域のマンションにお住まいの方がいらっしゃり、「神楽坂に縁がある」という共通点を軸に集まっているということを参加者が再認識することで、地域の話がどんどん広がっていきました。

参加の目的や共通項を探る時間を組み入れると、参加者が安心でき、話の広がりや新たな繋がりが生まれやすくなります。人が集まる「場」では、違いを楽しむ「対話の時間」を設けることがポイントだなと改めて実感しました。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.【根津スタジオ】自分の問いに応えてくれる仲間を探しに!
          ~対話の場で想いを実現する方法を考える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日々仕事を進めている中で、同僚とのコミュニケーションや組織のあり方が「もっとこうだったらいいのに」と思う瞬間はありませんか?しかしながら、日々の忙しさに追われている社内の状況では、声を上げることもできず、実現に向けて一緒に取り組む仲間を作るのが難しい実態もあります。そんなときは、自分の中に芽生えた考えや問題意識をついしまい込みがちです。

根津スタジオでは、「縁パブ」という対話のプログラムを通じて、参加者の感じている現場のモヤモヤを考え合う体験や、一緒に目標を実現する仲間を集めるためのノウハウを提供しています。協力者を見つけ、本当にやりたいことを実現する方法を一緒に考えてみませんか?

◇縁パブ「研究とキャリアの接点を考える~研究者としての経験を生かすには?」
研究の核となる問題意識を、社会の中で活かす方法を考えます。
【日時】2014年12月19日(金)19:00
【詳細・申込み】http://nez-studio.jp/?p=6087

◇縁パブ「気づきを促すノートとは?」
なりたい自分になるために必要なノートをつくるには?
【日時】2015年月1月16日(金)19:00
【詳細・申込み】http://nez-studio.jp/?p=6143

◇縁パブ「あの汗は、自分にとって何だったのだろう? ~スポーツが与えてくれるものを語ろう!」
スポーツに取り組むことの意味、社会の中での役割を考えます。
【日時】2015年1月23日(金)19:00
【詳細・申込み】http://nez-studio.jp/?p=6205

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.編集後記(諏訪)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日家族といったレストランで、テーブルクロスの代わりに模造紙が敷いてありました。一緒に色とりどりのクーピーが置いてあり、子供は喜んでお絵かきを始める一方で、夫と私はちょうど関心があった「リーダーとは?」「軍師とは?」といったテーマについて、紙に書きながら対話を始めました。改めて紙に書き出していくことで、これまであがらなかった「カリスマはどこからうまれる?」といった視点も出てきて、新しい気付きも生まれました。

議論ではなく、雑談ではなく、対話を楽しむ。
ちょっとした物の工夫で、それは簡単に実現できるのかもしれません。
これから根津スタジオも、常にテーブルに模造紙を置いておくようにしていきたいと思います!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社エンパブリック メルマガ「根津の街から」
(第106号 2014年12月12日配信)
発行責任者=諏訪玲子
株式会社エンパブリック: http://empublic.jp
根津スタジオ: http://nez-studio.jp/
facebook http://www.facebook.com/empublic.jp
Twitter http://twitter.com/Empublic

※ご意見・ご感想は、
info@empublic.jp までご連絡ください。

※配信停止希望の方はhttp://nez-studio.jp/?page_id=80
から登録解除をお願いします。

皆さまのご意見・ご感想お待ちしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Share.

Comments are closed.