[3/28]フィールドワーク・デザイン ~参加者にも受入側にも意義深いものとするために~

0

日時:3月28日(土)14:00〜16:30

実践型研修、大学のゼミや高校の現地調査、インターンシップ、ボランティア、農村体験、地域おこし協力隊など、外部から地域や組織に訪れる「フィールドワーク」を、参加者にも、地域・組織・企業にとっても意義深いものとするには、どうしたらいいか。ガイドブックを基にディスカッションし、この夏のプログラムをブラッシュアップしてみませんか?

近年、フィールドワークやインターンシップなどの「現場での学びの機会」を、参加者にとっても、受入側にとっても意義深いものとするために、何が大切か? コーディネーターには何が求められるのか?を、フィールドワーク・ガイド・セットを基に解説、ディスカッションを行います。また、フィールドワークの企画、プログラムのブラッシュアップも行います。

アクティブラーニング、プロジェクトラーニングの設計法を知りたい方にもお勧めです。

【ナビゲーター】 広石拓司(empublic)

【講座の構成】
・【講義】フィールドワーク・コーディネーターの仕事とは?
・【講義】フィールドワーク・ガイド・セットの解説
・フィールドワーク企画ブラッシュアップ

【定員】 8名/1回

【参加費】 5,000円(税込、フィールドワーク・ガイド・セット、根津スイーツと飲み物つき)

【日 時】  2015年3月28日(土)14:00~16:30 

【参加申込】

参加する  相談・問い合わせ

発売中!

Share.

Comments are closed.